顔にできたシミにはこう対策しよう!注意点も紹介

シミサプリ比較ランキング » シミはなぜできる?原因とその種類、予防法をチェックしておこう » 顔にできたシミにはこう対策しよう!注意点も紹介

顔のシミの原因

ふと鏡を見てみると、今まで気づかなかったシミが増えている…というのは良くある話。何らかの原因によってメラニン色素が多く生成され、ターンオーバーによってうまく排出されずに滞ってしまうことによって顔のシミはできてしまいます。

そこでシミ対策について知る前に、どんなものがメラニン色素の生成量を増やしてしまうことにつながるのかを知っておきましょう。

紫外線

「紫外線」がメラニン色素の生成を促すことはよく知られていることです。紫外線を浴びると、肌を守るためにメラノサイトがメラニン色素を生成します。本来は肌を守るための機能であり、通常のターンオーバーが行われている場合にはいずれ排出されるためシミになることはありません。

しかし紫外線を浴びすぎて大量のメラニン色素が生成されてしまった場合やターンオーバーが乱れている場合にはうまく排出が行われずにメラニン色素が沈着し、シミになってしまうのです。

活性酸素

近年シミとの関連があると注目されているのが活性酸素です。この活性酸素が体内で生成されると、メラノサイトを刺激すると考えられており、結果としてメラニン色素の生成量が増えることになります。

この活性酸素が生成されてしまう原因はさまざまなものが考えられていますが、ストレスや疲労、睡眠不足もその一因であるとされています。ストレスや疲労が溜まっている人は注意する必要があるでしょう。さらにタバコも活性酸素の生成につながるとされています。

かぶれによる色素沈着や刺激によるもの

肌が弱い人は、肌に合わない化粧品を使うことによってかぶれてしまうことがあるかもしれません。このような刺激も色素沈着の原因となり、顔のシミの原因となることがあります。また、ニキビや吹き出物についても同様で、気になるからといって触り続けて刺激を与えてしまうと、それが原因となってシミにつながることも。

普段の何気ない仕草が顔のシミにつながることもありますので、注意しましょう。

ホルモンバランスの乱れ

女性の場合、閉経が近づいてくるとどうしてもホルモンバランスが乱れることが多くなります。ホルモンバランスの乱れは体のさまざまな部分に影響を与えることはよく知られていますよね。実はこのホルモンバランスが乱れることにより、シミにも影響すると言われています。これは、ホルモンバランスの乱れがメラノサイトを刺激し、一次的にメラニン色素の生成料が増えると考えられているため。増えすぎたメラニン色素がうまく排出できない場合、シミとして現れてくることになります。

また、シミのひとつである「肝斑」は女性ホルモンが関連しているとされているもの。そのため、ホルモンとシミの間には大きな関連があると言えるのです。

顔のシミへの対策と注意点

できてしまったシミには可能な限り早めの対策を行いたいものです。ただし対策する場合には「自分のシミがどの種類のシミなのか」という点をしっかりと理解することが必要です。

ここでは、「老人性色素斑(日光黒子)」「そばかす」「肝斑」「炎症後色素沈着」といったシミの種類別の対策方法をご紹介します。

老人性色素斑(日光黒子)の場合

本文 一般的なシミである老人性色素斑。主な原因は紫外線であり、多くのケースがこの種類に当てはまります。

ビタミンCを取り入れたり、美白ケアを行うことで薄く目立たなくすることはできるかもしれませんが、これだけでシミを完全に消すことは非常に難しいとされています。このことから、すでにできてしまった老人性色素斑への対策としてはレーザー治療が有効であるとされています。シミができてしまった部分にレーザーを照射することにより根本から治療を行っていきます。レーザー治療を受けた後には一時的にシミが濃くなる場合もありますが、少し時間が経つとかさぶたのようになって剥がれ落ちて新しい皮膚が生まれ変わるという形になります。

また、これ以上シミができないようにするためにも、日ごろから紫外線に対する対策をしっかりと行っておくことも非常に大切です。

そばかすの場合

子どもの頃からあるそばかすについては、思春期の終わり頃になると徐々に消えて行くというケースもあるため、特に対策をしなくても良い場合もあります。ただし、大人になってからできたそばかすについては紫外線対策を行ったり、外用薬による治療を行う場合もあります。

また、老人性色素斑と同様、レーザー治療によって治療を行うこともあります。

肝斑の場合

肝斑は非常に改善することが難しいシミとされています。これは、肝斑ができてしまう原因は女性ホルモンが関係しているため。このことから、トラネキサム酸を配合した内服薬を服用したり、ビタミンC誘導体やトレチノイン、ハイドロキノンを外用薬として用いることが一般的となっています。

ただし注意点として、肝斑の場合には基本的にはレーザー治療は使用できないと覚えておきましょう。これは甲板ができている部分にレーザーを照射すると、炎症が起こってしまい逆に悪化させる場合があるからです。

炎症後色素沈着の場合

炎症後色素沈着の場合には、できてしまったシミは時間が経つにつれて自然と消えていきます。ただ、少しでも早く改善したいと考えている場合には、ビタミンCを配合した内服薬やハイドロキノンなどの美白外用剤を使用すると良いでしょう。

ただし、対策をしたからといってすぐに効果が出るわけではない点に注意が必要。肌のターンオーバーに合わせてシミも徐々に薄くなって行くという過程を経るため、長い目で見ながら焦らずに対策を行うことが必要です。

シミ対策における注意点

まず、上記で説明をしている通りシミは種類別に対策方法が分かれています。そのため、まず自分の顔にできてしまったシミはどの種類なのかをきちんと判断することが必要。間違った対策を行っていてもシミは全く改善されないということになってしまうからです。

もし自分のシミがどの種類なのかわからない場合には、美容クリニックなどに足を運んで診察を受けることがおすすめ。自分のシミについて知ることが、シミ対策の第一歩と言えるでしょう。

レーザー治療を行う場合の注意点

老人性色素斑やそばかすの場合にはレーザー治療が用いられることがあります。この場合、治療を行ったあとはレーザーを照射した部分には紫外線が当たらないように徹底的に対策を行う必要があります。万が一照射部分に紫外線が当たってしまうと、せっかくかさぶたになって剥がれ落ちた後にも再度シミができてしまうケースがあるためです。

また、レーザー治療を行う場合の痛みについても考慮しておく必要があるでしょう。一般的にレーザーを照射するときの痛みについては「ゴムで一瞬弾いた程度」と紹介されている場合が多いですが、やはり痛みについては個人差があります。特に骨に近いところについては痛みを強く感じるケースが多いと言われているため、痛みに弱い人は治療を受ける前に不安を感じている点について医師と徹底的に話をしておくことが必要です。

シミ改善には時間がかかることを覚えておく

いったんできてしまったシミを改善するためには、ある程度の時間が必要であることはあらかじめ頭に入れておきたいところです。そのため、シミ対策を行うのであれば長い目を持つことが大切。対策を行ったからといって次の日にすぐ効果が目に見えるということはありませんから、焦らずにじっくりと対策を行ってください。

他にも知っておきたいシミに関する基礎知識